FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    令和2年度司法書士試験の実施延期について
    【令和2年度(2020年度)対策の電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)[民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
     * 関連記事: 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) [民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    □ 2020目標 不動産登記法の記述式問題対策 答案作成上のポイント
    □ 民法の重要判例(平成10年-平成31年・令和元年)






     こんばんは。

     令和2年5月18日,法務省は,令和2年度司法書士試験の実施延期を発表しました。

     令和2年度司法書士試験の実施延期について

    R20518.jpg


     個人的には,延期はないと考えていましたが,甘い考えでしたね。

     いつ実施するか等の具体的な情報はありませんでしたが,それは,新型コロナウイルスの収束の状況等が分からない限りは決定できないわけで,これからの情報を待ちましょう。

     法務省は,延期後の具体的な試験日程を公表する際には,「延期後の受験申請受付期間,試験実施会場等も発表する予定ですが,受験生の皆様の負担にならないよう,受付の開始や試験の実施までに余裕をもったスケジュールとする予定です」とあり,なんとなく優しさを感じてしまっている僕は,どうかしているのでしょうか?

     法務省としては,法務省への問い合わせを何としても避けたいと考えているだけかもしれませんが...。

     延期後の試験日程は,10月と考える方が多いようですが,そこまでの期間をどのように過ごすかが重要です。

     直前期の勉強のまま試験を待つのは難しいですから,いったん仕切り直しが必要です。

     といっても,仮に本試験が10月として,例年と比べて3か月延期されることになるから,今を例年でいうところの2月と考えるのも避けた方が良いと思います。



     では,どのような対策が望ましいのか?



     個別の対策はまた改めてお伝えするとして,大まかな方向性としては,直前期と例年の2月の中間の対策が望ましいと考えています。

     抽象的な表現で伝わりにくいかもしれませんが,直前期:インプット(詰め込み)例年の2月:答練等のアウトプットとすれば,インプットとアウトプットのバランスが取れた対策が,上記の「中間の対策」です。


     令和2年度司法書士試験に向けて,例年よりも長く皆様と勉強できることに感謝し,具体的な対策等を提示していきます。


     まずは,司法書士試験における「バランス三原則」から。

     では,また。

     
     
     司法書士試験における「バランス三原則」が知りたい皆様,クリックお願いします(反映が遅れている場合があります。期間限定)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
     
    スポンサーサイト