FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    民法(債権関係・相続関係)の改正と過去問集
     【令和2年度(2020年度)対策の電子書籍】

    ・ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)[民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    * 関連記事: 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) [民法(債権関係・相続関係)改正対応版]




    【秋から始める2020年度本試験対策】






      

     こんにちは。


     今回は,民法速習講座の受講生の方からお教えいただいたことを書いてみます。

     まずは,以下の設問を解いてみてください。


     AがBからC社製造の甲薬品を購入した。
     Bは,C社の従業員から甲薬品はガンの予防に抜群の効果があるとの虚偽の説明を受け,これを信じてAに同様の説明をし,Aもこれを信じて甲薬品を購入した場合,Aは,Bとの間の売買契約を取り消すことができる。





     見たことがある問題ですね?

     これは,平成13年度一次試験第1問イです。


     皆様のお手元にある過去問集には,以下のような解説があると思います。


    イ 誤り
     詐欺により意思表示が取り消すことができるものとなるためには,詐欺をした者に故意があることが必要であるが,この故意としては,相手方を錯誤に陥らせる故意のみならず,錯誤によって意思表示をさせる故意が必要である(二段の故意。大判大6.9.6)。
     本設問におけるBには,このような故意がなく,Aの意思表示は詐欺によるものとはいえないため,Aは,Bとの間の売買契約を取り消すことができない。




     しかし,この設問は,民法(債権関係)の改正によると,取り消すことができると考える余地があります。






     科目にはよりますが,過去問は合格には欠かせません。


     しかし,今回の民法(債権関係・相続関係)の中でも,新たな制度を創設する改正(例えば,定型約款,特別の寄与等),従来の内容を大幅に変更する改正については,過去問は,あまり訳に立たないと言わざるを得ません。

     答練等で出題される新作問題が必要です。


     民法(債権関係・相続関係)の改正については,しっかり新作問題での問題演習を行うようにしましょう。

     択一式対策講座【実践編】では,上記の考えを反映させ,新作の一問一答問題・多肢択一式問題で,民法(債権関係・相続関係)を仕上げていきますので,ご安心ください。


       『平成13年度一次試験第1問イの正誤が変わる理由』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
    「記述式対策講座」体験講義
     【令和2年度(2020年度)対策の電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)[民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    * 関連記事: 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) [民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    □ 2020目標 不動産登記法の記述式問題対策 答案作成上のポイント






    【秋から始める2020年度本試験対策】






     

     こんばんは。

     第2回奨学生選抜試験が実施されます。

     

     そして,その後14時からは,「記述式対策講座」体験講義が実施されます。

     「記述式対策講座」体験講義
     11/4(月・祝) 14:00~15:30



     今年度の記述式対策講座は,じっくりと論点と解法をマスターしていただくために,年内の択一式対策講座【理論編】の直後に実施することとしています。

     何度も何度も申し上げていることですが,一定時間で本試験サイズの問題を解き,その解説を聴くだけでは,十分な論点も解法もマスターすることができません

     記述式問題の解法は,過去問・答練・模試等の膨大な記述式問題の上に成り立つものです。

     そして,僕は,受験生の頃から膨大な記述式問題を演習,そして研究し,問題の形式を問わず対応できる解法を構築しました。

     記述式問題対策は,「暗記」です。

     ひらめきや思いつきに頼るものではありません。

     未体験の不安や焦りが襲いかかる本試験の現場においては,しっかり暗記された解法が皆様を救います。

     想像してみてください。

     皆様を苦しめる記述式問題を,目の前の情報に処理手順を機械的に当てはめるだけで,申請すべき登記が明らかになる状態を。


     ところで,「記述式対策講座」体験講義で使用する資料には,平成11年度の不動産登記法の記述式問題のほか,論点別問題が2問掲載されているのですが,平成31年度(2019年度)対策の「記述式対策講座」体験講義で使用した資料で取り上げた論点の一つが,平成31年度(2019年度)に出題された以下の論点でした。


     所有権の登記名義人Aが死亡し,Aの法定相続人がB及びCのみである場合において,Aの遺産の分割の協議がされないままBが死亡し,Bの法定相続人がCのみであるときは,CはAの遺産の分割をする余地はないことから,CがA及びBの死後にAの遺産である不動産の共有持分を直接全て相続し,取得したことを内容とするCが作成した書面は,登記原因証明情報としての適格性を欠く(平28.3.2民二154号)。


     
     参考: 平成31年度(2019年度)対策の「記述式対策講座」体験講義で使用した資料


     無料のセミナーに出席して,本試験で出題される論点の記述式問題を得ることができるなんて,お得だと思いませんか?


     もちろん,令和2年度(2020年度)の不動産登記法の記述式問題で出題される論点も,当てにいきます。


     お忙しいところ恐縮ですが,ぜひご参加ください。

     「記述式対策講座」体験講義の内容だけで,皆様の記述式問題の点数を上げてみせます。

     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!記述式対策講座が気になる皆様,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
    親族法に関する最新判例を題材とする設問
     【令和2年度(2020年度)対策の電子書籍】

    ・ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)[民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    * 関連記事: 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) [民法(債権関係・相続関係)改正対応版]




    【秋から始める2020年度本試験対策】






      
       
     こんばんは。

     今日は,択一式対策講座【理論編】不動産登記法第8回・第9回の講義でした。

     根抵当権に関する登記の重要論点を扱いました。


     今回は,時期的に平成31年度(2019年度)司法書士試験で出題される可能性が極めて低かったことから説明してなかった親族法に関する最新判例を題材とする設問を出題します。



    【問題】

     1 夫婦の一方は,他方と不貞行為に及んだ第三者に対し,不貞行為を理由とする慰謝料を請求することができる。

     2 夫婦の一方は,他方と不貞行為に及んだ第三者に対し,離婚に伴う慰謝料を請求することができる。




     改正がないということで油断しがちな分野である親族法ですが,最新判例を含め,きっちり押さえておきましょう。

     
     では,また。


       『親族法に関する最新判例を題材とする設問の解答』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
    開示請求答案(2019年度司法書士試験・記述式)募集のご案内
     【令和2年度(2020年度)対策の電子書籍】

    ・ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)[民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    * 関連記事: 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) [民法(債権関係・相続関係)改正対応版]




    【秋から始める2020年度本試験対策】






      
      
     こんばんは。


     今回は,「開示請求答案(2019年度司法書士試験・記述式)募集のご案内」です。

     といっても,僕が募集しているのではなく,辰已法律研究所の松本先生による募集です。


     開示請求答案(記述)募集/令和元年度(2019年度)司法書士試験
     

     僕は,こうやって募集にほんの少し協力しているおかげで,もう何年も推測採点基準をいただいておりますが,推測採点基準は,知らないと合格できないわけではないが,知っておくと絶対に有利なことが多数書かれています。


     見ると絶対にびっくりすると思いますよ。その分析力と精度の高さに。


     択一式問題の基準点を突破された受験生の皆さんは,ぜひ開示請求答案をお送りいただき,この推測採点基準を手に入れてください。

     「お前はどうなんだ?分析しないのか?」というお声が遠くから聞こえますが…

     僕は,負けるケンカはしません。

     開示答案に基づく採点基準の分析において,松本先生には勝つことができません。


     僕は,こちらを用意しました。

     採点基準がどのようなものであっても,受験する側として最も有効な対策は,正確な答案を作成する技術をマスターすることです。

     2020年度版を作成しました。


     

    □ 2020目標 不動産登記法の記述式問題対策 答案作成上のポイント




     予備校が答練や模試の解答例を作成する際に,どのようなことに気をつけるのか?


     そのポイントはどこにあるのかを列挙しています。


     ぜひご利用ください。


     では,また。



     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!記述式問題における「表現」の部分で失敗しない皆様,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
    【基礎】基礎総合コースが開講しました!

     こんばんは。


     日曜日に,新しい基礎講座である「基礎総合コース」が開講しました。


     受講生の皆様,長い戦いになりますが,一緒に頑張りましょう!


     真の3段階カリキュラムなど,特筆すべき点はありますが,この基礎講座のコンセプトは,司法書士試験を博打にせず,確実に合格することができる講座であることです。

    * 3段階カリキュラムについては,こちらをご覧ください。



     確実に合格するためには,基礎的な内容をしっかり固めるとともに,応用的な知識を入れておく必要があります。

     この点,通常の基礎講座であると,受講期間な視点で,基礎的な内容を単に詰め込むだけで固めることは難しいですし,また,教材の視点で,十分な応用的な知識を入れることは難しいです。

     竹下先生が短縮させたとされる受講期間に,確実な合格を乗せること。

     これが,「基礎総合コース」です。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村